丁寧な角質ケアがカギ【黒ずみ知らずのつるるんお尻】

微笑み

原因と黒ずみ

女性

お尻の皮膚はニキビができやすい部位です。ニキビができる要因は二つあり、角質の硬化と皮脂の分泌です。お尻は、衣類や下着によって常に締め付けられていて物理的な圧力を受けています。また、座る場所がいつもやわらかいところというわけではありません。硬いところにも座ることがあるので、お尻の角質が硬くなることがあります。そのため、ニキビの要因である角質の硬化を引き起こします。しかも、お尻は身体の中でもっとも皮脂の分泌が多い場所でもあります。こうしたことから、お尻にはニキビができやすいのです。さらに、お尻にできたニキビは色素沈着が起こりやすく、黒ずみになることがあります。そのため、お尻の肌へのケアが必要です。

お尻のニキビは黒ずみになりやすいのですが、その理由としては汚れが蓄積されやすいからです。これは下着や衣類を常に着けていて、アクネ菌が発生して増殖することから不衛生な状態になりやすいからです。また、座る場所がかたいところだと血流が悪くなりやすく、新陳代謝がなかなか起きません。そのため。肌のターンオーバーが乱れてしまって、より一層黒ずみになります。ニキビや黒ずみの対策としては、お尻の環境をきちんと整えてあげることです。衣類や下着類は通気性の良いものを選ぶようにして、蒸れることがないようにします。また、仕事の都合で長時間座ることが多いのであれば、柔らかいクッションを用意するなどの対策を行いましょう。